深沢 和彦
Fukazawa Kazuhiko

機械保全・システム開発エンジニア
2014年入社:静岡オフィス

【自己紹介】
私は幼き頃から空手を習っていました。
運動神経が残念だったのと争い事が苦手だったため選手としてはさっぱりでした。
それでも20代後半には師範代に30歳で師範になることができました。

社会人デビューはプログラマーでしたが家庭の事情で建設業に転職し、その後幾つかの職業を経験して広く浅い知識と経験を積んだ後、縁あってリツアンSTCにお世話になることができました。
前向きな思考と素直な気持ちを心がけ、いろいろな事に好奇心を持ち、毎日を心穏やかに過ごしたいと思うのです。

【現在の業務内容】
溶接ロボットやプレスなど製造加工設備その他付帯設備の設備保全業務を担当しています。
設備の修理や故障原因の追究・改善提案に加え、ポカヨケ装置の設計開発では主にシーケンスプログラムを担当しています。
【何故リツアンに入社したか・経緯】
前職では夜勤と日勤の交代勤務で家族との時間が合わない日々でした。あと務めていた会社にも先行き不安を感じていました。
求人をみて考えていたところ、職場の知り合いからの勧めもあり、応募したところなんとか入社させていただくことができました。
【前の会社と比べて生活がどのように変わったか】
前職での勤務形態が特殊で夜勤と日勤を繰り返し、家族との生活が合わずまた体調面で不安を感じていました。
今は日勤で予定も立てやすく、体の負担も無くなりました。
日勤のみになったにもかかわらず待遇面ではほぼ同じなので、家族に負担を掛けることなく転職できました。
entry! page top