2020.07.23 Thu |

さらば青春の光 × 東大生 × RSTC CMが完成しました!

 

「キングオブコント」決勝の常連などで知られるお笑いコンビ、
さらば青春の光が運営する森東広告堂、社長・森田哲矢氏(37)と副社長・東ブクロ氏(33)の2名と、
リツアンSTCの東京オフィス(KOMAD)にておなじみの東大生とタッグを組んで制作いただいたCM動画が完成しました。

 

 

東大生チーム自己紹介

 

 

東京大学で言語学を専攻。小学5年時より架空世界を題材に小説を書き始め、現在架空言語・地理・歴史などにもこだわった「人工世界フィラクスナーレ」として小説の執筆を継続中。

同世界を題材として自主制作映画3部作を監督。

 

 

東京大学・教養学部・教養学科4年。表象文化論を専攻中。

サークル活動で脚本・監督・編集を担当して2本の長編映画を作った他、ハリウッドで映画制作プログラムに参加し、ショートフィルムを制作した。好きな映画はスターウォーズ。
何かを作ることが好きで、映画制作の他、演劇制作や学生ベネズエラ音楽楽団のコンサート演出などを務めたこともある。

将来の夢は「渡邉美咲が作った映像なら、絶対面白い!」と人に言わしめる映像ディレクターになること!

 

 

東京大学文学部人文学科社会学専修課程4年生。
現在、卒業論文ならびに大学院にむけて社会学の勉強に邁進中。

大学から始めたミュージカルは生きがいの一つで、現在ではサークルの枠を超え、より本格的な活動に挑戦。ミュージカル以外でもベネズエラ音楽やアカペラを行う。中野くんとの出会い『世界のあいだ』主人公の江崎紀役をつとめ、現在制作中の第二作、三作目の『希望のかけら』『無限のひかり』にも出演。

最近はコーヒーとカクテルに凝っている。またスターウォーズが大好きで、渡邊さん、中野くんと熱いスターウォーズ談義をすることが楽しい。

 

東大生チームのCMへの想い

 

 

このCMは古代中国、中世フランス、産業革命時代のイギリス、そして現代日本という4つの時代で構成されています。いつの時代も、「搾取される人」は存在していました。物語の中で、彼らは救世主としての「リツアン」を探し続けます。そしてついに、現代日本に生きるエンジニアが「リツアン」を見つけ、彼は「生きる希望」を得られたのでした。今これを見ている皆さん、次は「あなたの番ですよ?」 それが、このCMの大きなメッセージです。

 

 このストーリが生まれたのは、リツアンという会社が「派遣社員の所得と生きがいを守る」ことを大事にしているからです。私たちはこのCMを通して、リツアンの最も大事にしている企業理念を伝え、多くの方の興味を引き付けたいと願っております。

 もちろん制作過程は順風満帆なものではありませんでした。リサーチや熱い議論を経て台本が完成した時、「果たして映像化できるのだろうか」と不安に感じました。やりたいことや思いついたことを、いっぱいに詰め込んだこの物語が、どんな形に仕上がるのか、全く未知数だったからです。

 

 

 しかし、台本ができてから映像になるまでは、本当にあっという間でした。芸人さんによるPR、本格的な衣装や美術道具、抜け目のないロケ地探索、大掛かりなエキストラの招集、普段は見ることのないカメラクレーンやレール、映像一つ一つにつけられる効果音。そして、お弁当や移動用バス、ロケハンといった現場がうまくいくための一つ一つの細かい気配りや準備。その他様々なことがこのプロジェクトでは行われていきました。

 

 その中で強く感じたのは、全ての人が自分の分野のこだわりをとことん追求し、達成していくことで、「化学反応」のようなものが起こり、一人では成し遂げられない大きなものを作り上げることができるのだ、ということでした。そして、このプロジェクトで私たち「東大生チーム」のこだわりも追求できたのは、この上ない喜びです。

 

 

 ついに、「不可能」だと思っていた私たちの台本が、想像以上のものとなってこの世に産声をあげました。これまでの600日間に渡る制作過程を振り返ると、胸に迫るものがあります。

 

 

 今まで知らなかった世界、そして様々なこだわりをもった魅力的な方々に出会えたこのプロジェクトを、私たちに任せてくれたリツアン様、本当にありがとうございました。
また、このプロジェクトを進めていくにあたり、多大な援助とアドバイスをして、私たちを支えてくださいましたさらば青春の光さん、制作チームの皆様、そして関わってくださった全ての方々にも、心から感謝申し上げます。

「こだわり凝縮度120%」のリツアンのCM、ぜひお楽しみください。

弊社代表 野中のこのCMへの想い

 

 

昨年の4月に弊社が制作依頼をしていたPR動画CMがついに完成しました。

弊社はアフリカの貧困支援を行っている栗山さやかさんを始め、駒場東大前の学生向けコワーキングスペースKOMADや、日暮里にある芸大生向けの活動スペース日暮里作業場など、幅広い社会貢献活動に取り組んでおり、今回は新たな支援である「さらば青春の光×東大生によるPR動画CM」。

当CMは「キングオブコント」決勝の常連などで知られるお笑いコンビ、さらば青春の光が運営する森東広告堂と東大生を中心とした自主制作SFファンタジー映画『世界のあいだ』の制作チームとのコラボレーションという形で進んでいました。

弊社代表の野中は「プロフェッショナルの方々と一緒に制作する事で、
学生である彼ら・彼女らが社会に出たときにきっとかけがえのない経験になる」
「自由な発想で作品を一緒に作ってほしい。」という強い想いもありました。

ユニークなコミュニティがKOMADからいくつも立ち上がり、それぞれの今後の活躍舞台に注目していきたいですね。

 

さらば青春の光 公式動画

 

 

さらば青春の光 OFFICIAL WEB SITE

森東広告堂

さらば青春の光Official Youtube Channel

 

世界のあいだ 制作チーム公式情報

 

 

自主制作映画『世界のあいだ』制作規模拡大へ|緻密な設定をもつ架空世界を扱うSFファンタジー

自主制作映画『世界のあいだ』 公式サイト

 

関連記事<画像をクリックで記事を確認できます>

 

 

entry! page top